膀胱炎の薬・クラビット錠は何日間飲む? 服用期間の日数

膀胱炎の薬・クラビット錠は何日間飲む?

 

一般的に、膀胱炎で病院にいくと、
3日分のクラビット錠を処方されることが多いようです。

 

クラビット錠は即効性の高い抗生物質であり、
通常1〜3日程度で症状がおさまるからです。

 

 

もちろん、3日では完治せず、
5日間、あるいは7日間かかる場合もあるでしょう。

 

服用期間については、個々の症状によって異なるので、
何日飲めばいいか?は一概には言えません。

 

 

しかし、処方された日数分を飲んだのにもかかわらず、
全く効果を実感できなかったり、
1週間以上服用して改善されない場合は、いささか問題でしょう。

 

他の病気の疑いもあるので、医師に相談することをおすすめします。

 

 

 

クラビット・ジェネリックについて

 

クラビット錠は、通常、100gあたり121円します。

 

病院で処方すると、薬代だけでなく診察代もかかるので、
結構な出費です。

 

 

でも、クラビット・ジェネリックなら、100gあたり約17円で済みます。
(ジェネリック医薬品とは、特許期限の切れた後発品。成分は全く一緒です。)

 

 

薬局では売っておらず、以下の通販で購入可能です。

 

>>クラビット・ジェネリックはこちら